二重派遣のトラブル

フリーランスとして活躍している方の中には「一つの企業と、業務委託を結んで常に仕事をもらっている」という方がいると思います。業務委託を結ぶとその後安定的に仕事を請けることが出来る可能性がありますから、フリーランスにとってはありがたい環境ともいえるでしょう。しかし、中には知らないうちにトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるんですよ。

ここからは、業務委託のトラブルともなる二重派遣についてご紹介していきます。実は、業務委託トラブルでも多いのがこの二重派遣というものです。「二重派遣ってどういうこと?」と思われる方もいると思いますが、二重派遣の場合には派遣した社員を派遣先の会社が更に別の派遣先へと指示することを言います。こういった行為は、法律でも禁止されているものとなりますから十分注意が必要となります。業務委託で仕事をする場合には、クライアントから仕事を請けた会社が更に他の人へと業務を依頼するということになります。「二重派遣を防ぐためにはどうしたら良いの?」と思われる方も多いと思いますが、まずはしっかりと契約書内容を確認した上で契約を結ぶことです。中には強引にこれらの内容が記載された契約書にサインを求めてくる企業もありますから、こういった時にはしっかりと断ることも大切ですよ。「でも、断ったら仕事がなくなってしまう」と心配になる方もいると思いますが、こういった法律を犯した働き方をさせる企業で仕事をしていれば、大きなトラブルに発展する可能性がありますから未然にこういったトラブルを防ぐためと考え、断る様にしましょう。
業務委託で仕事をする際には、こういったトラブルもあるため、契約書の内容はしっかりと確認しておきましょう。私がインターネットで調べた中で、業務委託やトラブルについて詳しく記載されていたお勧めサイトは【業務委託トラブル相談所】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です