見落としによるトラブル

フリーランスで活躍している方は、クライアントと業務委託を結んでいる方は多いと思いますが、仕事を受ける前に必ず契約を結んでいると思います。みなさんは、その契約書の内容をしっかりと確認していますか。契約書というのは細かい文字で書かれているため「全ては、読んでいない」という方も多いのではないでしょうか。しかし、契約書などを見落としてしまうことで、トラブルに発展するケースもあるんですよ。

まず、業務委託を行う際には、契約書を結ぶことになりますが、この契約書には様々な内容が記載されていることになります。多くの方は、締日や支払日などはチェックしていても、それ以外の細かい内容に関してはチェックしていないと思います。しかし、この中には納期が遅れた際の対応や、万が一意にそぐわないものを納品した際の対応なども記載されていることがあり、仕事をする上で重要な内容が記載されていることがあります。当然これらを知らずにいると「入金されなかった」「入金額が少ない」ということになってしまいます。また、仕事内容に関しても同様です。細かい内容もクライアントと摺合せをしておかなければ「意向にそったものではない」と却下されてしまう可能性もあります。仕事をする上では様々な書類を作成したり、提示されることになると思いますが、トラブルを避けるためにはこれらの書類をしっかりと細かくチェックしておくことが欠かせません。「見落としていた」と言っても契約後であれば通用しませんからね。
業務委託で仕事をする際には様々な契約書や書類があると思います。その際ひとつずつ確認し、見落としがない様に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です