不透明感によるトラブル

フリーランスとして業務委託を結び、仕事を進めている方の中には「これから、新たに業務委託を結ぶクライアントがある」という方がいると思います。「収入を安定させるためにも新たなクライアントを見つけなければ」と動いた結果、こういった契約を掴んだ方もいるでしょう。しかし、この契約を結ぶ際には分からない点や疑問なことがある場合には、契約前にしっかりと確認しておくことが大切ですよ。

では、業務委託の透明感によるトラブルとはどういったものなのでしょうか。既に、他のクライアントと業務委託を結んでいる方の場合には「もう業務委託での仕事は慣れているから大丈夫」と思っている方もいると思います。しかし、同じ仕事をする際でもクライアントによっては仕事の考え方や取り組み方なども変わってきます。そのため、事前に分からない点などは確認しておくことが大切です。また、クライアントが信頼出来る企業なのか、しっかりと確認しておくことが必要でしょう。中には実在しない会社があったり、納品後入金されないといったケースもありますからね。こういったトラブルを避けるためには、やはり契約前に不透明な部分はなくしておくことが基本です。やりとりの方法、締日や支払日、企業の確認などもしっかりと行い、信頼出来るクライアントであること、仕事などもしっかりと行える企業であるということ分かって契約を結ぶ様にしましょう。今では、インターネット上で仕事を見つけることも出来ますから、こういったクライアントとのやりとりの場合には特に注意が必要ですよ。
業務委託という契約はフリーランスにとって安心材料の一つともなりますが、この契約内容が不透明であればトラブルに巻き込まれてしまうこともあると頭に入れておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です