業務委託の偽装請負問題

フリーランスや個人事業主として仕事をしている方の中には、企業と業務委託を結ぶことで仕事をもらっている方も多いと思います。こういった契約をすることが出来れば、安定収入を確保することも出来ますから、とても安心ですよね。しかし、こういった業務委託で仕事をする際に時にはトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

疑問に思ったので、業務委託のトラブルのひとつである偽装請負問題について調べてみました。そもそも、請負をして仕事をするということはどういうことかというと、企業で行っている業務全て、もしくは一部を個人に任せてます。それを納品することで報酬が発生するというものです。中には、請負と派遣との区別がつかなくなっている方もいると思いますが、派遣の場合には納品することが目的ではありませんから、若干意味合いが変わってきます。トラブルになる偽装請負というのはどういったものかというと、企業としては単純に「仕事を依頼したい」という思いではなく、「人件費を抑えるために、正社員としてではなく外部の人間として契約を結びたい」と考え、偽装請負を行っている企業もあります。フリーランスでも企業に出勤して仕事をする方もいると思いますが、こういった請負の場合には偽装請負という可能性があるため注意が必要です。請負となれば正社員という扱いではありませんが、正社員と同じ勤務時間で仕事をするにも関わらず、失業保険や保険といった保証は一切ありませんから契約時には十分注意が必要ですよ。
業務委託というと「自由に仕事が出来そう」「信頼されて仕事を任された」と喜ばれる方も多いと思いますが、中にはこういった偽装請負を行っている企業もありますから注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です