業務委託の誤解

業務委託を受けて仕事をしている方の中には、「遠方のクライアントと契約を結んでいるため、やりとりは全てメールや電話で済ませている」という方も多いと思います。今では、インターネットを使うことで、様々な地域の方とコミュニケーションが取れるため、遠方のクライアントの仕事なども、気軽に受けることが出来ますよね。フリーランスとして仕事をしている方にとっては、仕事の幅が広がったとも言えるでしょう。しかし、こういったやりとりが、トラブルになるケースもあります。

仕事のやりとりをする際には、メールを利用している方が多いと思います。これは業務委託で仕事をしている方だけではなく、企業に所属し仕事をしている方もメールを活用している方が多いでしょう。しかし、時には、メールや電話のやりとりというのは、誤解を招いてしまうこともあります。どちらかが違う認識をしてしまうと、それを思い込んだまま仕事を進めてしまうことになり、後々トラブルになってしまう可能性があるということです。特に、メールの場合には、文書の書き方によっては意味を違えてとらえてしまう方もいますから注意が必要といえます。「これはどういう意味なんだろう?」と思った時には、メールではなく電話でしっかりと確認しておくことも大切でしょう。誤解したまま仕事を続けてしまえば、クライアントの意向に違ったものを納品してしまうことになり、納期に間に合わないどころか、今までの時間がムダになってしまいますからね。足を運べる距離であれば、仕事スタート時には細かい打ち合わせなどを行っておくと安心でしょう。遠方の場合には電話で打ち合わせをしておくと良いですね。
業務委託で仕事をする際にも当然クライアントの意向に沿ったものを納品することが前提となりますから、誤解のないように確認していくことも大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です